軽自動車館の 【サビ】 へのこだわり
     
  サビ度評価  
   軽自動車最大の敵!サビ』についてのお問い合わせが非常に増えています。  
   そこでサビの少ない軽自動車の仕入を重要視している弊社では、サビの程度を独自の評価で表記しています。  
   安心の軽自動車選びの指標にして頂ければと思います。  
 
◎ 車体・下回り・エンジンルームに
サビがほとんど無い
△ 車体・下回り・エンジンルームのいづれかにサビが見られる
○ 車体・下回り・エンジンルームのいづれかにサビが少し見られるが気にならない程度 × 車体・下回り・エンジンルームのいづれかにサビが多く見られる
 
     
 
サビ車急増注意報発令中
 最近、北海道内で「サビ」が目立つ車が増えているようです!

以前は海沿いの地域の車に多く見られた「サビ車」
近年は、以下の原因により、全道各地の車がサビの脅威にさらされています。

 「軽量=燃費UP&コストダウン」が特徴である軽自動車

その強みを活かし、「外装」や「部品」をいかに軽量、且つ安価に仕上げるか。
試行錯誤を繰り返し、各メーカー様が大変な努力を積み重ねています。

その為、普通乗用車に比べ軽自動車はサビに弱いのです!!

 ● 同一車種比較
  サビ有り車   サビ無し車
  平成10年式 走行距離69000km   平成11年式 走行距離57000km
 足回り写真1 錆びている状態   足回り写真1 錆びていない状態 
 足回り写真2 錆びている状態   足回り写真2 錆びていない状態 
 【 主な原因 】
 ・ 凍結防止剤(塩カルや食塩)  ・・・ 年々量が増えているようです。
 ・ 飛び石(走行中の小石など)  ・・・ 小さな傷からサビが広がっていきます。
 ・ 床下の傷(段差にぶつけたなど)  ・・・ 傷から広がっていきます。
   
 【 サビの問題点 】
 ・ 外装の見栄え  ・・・ サビは外装を板金等で修理をしても鉄の奥に潜んでいて
    早い時は10日程で浮いてきてしまいます。
 ・ 部品の故障  ・・・ 足回り・エンジン廻りが錆びて侵食すると、最悪の場合、
    欠落に至ります。(車検に通らない場合があります。)

当社でも軽自動車専門店、中古車販売店として、
特に注意をしておりますが
残念ながらこのケースのトラブルが多いのです。

そこで、当社はサビの影響が少ない「本州」の軽自動車
仕入れる努力をしています。
(在庫車の内85.8%が本州から仕入れた車です。)H25年8月現在

「本州の車を寒冷地で使用しても大丈夫?」
と、心配されるお客様!

はい!問題ありません!

最近の部品(バッテリー・サーモスタット等)
性能も向上されております!

ですから、寒冷地仕様ではなくても、心配ありません!

もちろん、今までクレームを頂いた事もありません!
また、クーラント液についても、全車計測しております!


以上により、当社の軽自動車は
自信を持って仕入れ、販売しております。

是非、
比較検討してみてください!
そして、安心してお買い求め下さい。

Copyright (C) 1997 Keijidousyakan. All Rights Reserved.